トイレの消臭対策として、いろいろな消臭剤が売られている。CMもインパクトに残るものが多い。それだげ、多数の人がトイレの消臭に悩んでいるのかもしれない。

知り合いの家でトイレを借りた時に、家の中がとてもキレイなのにトイレだけとっても汚いとなんだか、その家自体、もともとそんなにキレイにしていないのに、表面だけ取り繕っているかのように感じてしまう。飲食店でも、同じだ。消臭剤が置いてあっても、掃除がしてないだけでくさいように感じてしまう。トイレの消臭対策は、芳香剤や消臭剤より掃除や見た目なのかもしれない。

トイレの消臭剤といっても、大きく分けて2種類あると思う。水洗トイレの水をためるタンクの洗浄をする用の「ブルーレットおくだけ」などの洗浄効果のある芳香剤。トイレの片隅に置いて、トイレの個室内のにおいを消す消臭元や消臭力など、消臭機能が強化されたタイプ。だいたいのこ2種類をどこの家庭のトイレでも使用しているのではないかと思う。

トイレの消臭剤を選ぶのは、結構楽しい。ブルーレットのシリーズなどは、とてもたくさんの種類の匂いや色がある。2種類の液体が同時に使えものもある。色もきれいで見ているだけで楽しい。

このブルーレットのシリーズで発生させるにおいと、個室内におく置き型の消臭剤のにおいがかぶってしまうと、頭が痛いほど匂いがきつくなってしまうこともあるので、どちらかの匂いは抑えたほうが良いかもしれない。トイレを楽しく落ち着いた空間にするためには、においはあまりきつすぎず、落ち着ける香りを選ぼう。